家族に知られずに債務整理を行うことはできる?

債務整理を行うということは決してイメージが良いことではありません。これが必要になっているのであれば借金は相当深刻な状況になってしまっていることが考えられますし、もし借金のことを家族などに黙っていたのであれば、債務整理はなるべく秘密のまま行いたいと考えるでしょう。では家族に知られず、秘密のまま債務整理を行うことはできるのかというと、これは方法によっては可能です。例えば任意整理、つまり債権者と債務者、もしくは債務者の代理人が直接交渉をする場合は官報に情報が記載されないため、情報を秘密にしたまま手続きを進めることが十分に可能です。

また裁判所に対して申し立てをする方法の場合だと官報に個人情報が掲載されるために他人に知られるというように思われることもあるのですが、官報は通常の人であればほとんど読むことがないものでもあるため、官報に記載されたからと言って秘密が保てなくなるわけではありません。ただ問題になってくるのが、債務整理を行う際に債権者から訴訟を受けてしまった場合です。訴訟を受ければ自宅に訴状が届くことになりますから、それを家族が見れば内容について質問をされることになるでしょう。そうなってしまえば、秘密にしたまま手続きを進めるのはかなり難しくなります。

また債務整理後に返済を継続していく場合、家族などの協力が必要になる可能性は高いと言えます。そのため秘密で行うことは可能である者の、出来れば家族に話を通してから手続きを開始するようにした方が良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です