離婚カウンセラーとは?

離婚カウンセラーとは、離婚問題の様々なアドバイスや相談を受けることを業務として行う人のことをいいます。離婚カウンセラーになるには特に資格は必要がいりません。臨床心理士の資格を持っている人も活躍していますが、基本的に無資格で離婚カウンセラーの仕事をすることができます。カウンセラーとしての仕事には、離婚問題で接するさまざまな問題に接する必要があります。

心も問題や、手続きの仕方、協議の仕方、法的アドバイスなどたくさんの相談を受けます。このように離婚全般の相談に乗るのがカウンセラーとしての仕事になります。離婚の問題に対峙した方の心強い相談相手となり、心のケアをする必要があります。離婚問題に悩んだら、弁護士や司法書士、行政書士などの法律の専門家に頼る人が多いかもしれませんが、法的な問題だけであれば、法律家として相談に乗ってくれますが、離婚をする場合の心強い味方になってあげるのが、離婚カウンセラーの一番大切なことだといえます。

現在の日本では2組に1組が離婚しているといわれており、その理由はそれぞれ違います。相手の浮気や借金問題、暴力や、性格の不一致など本当に多岐にわたります。そのような時に、後先考えずに離婚届にハンコを押してしまう前に、その状況を把握した上で、いろいろとアドバイスをしてくれるのは非常に心強いことです。誰にも相談できなかった悩みを親身になって聞き、さまざまな点からアドバイスを行うことのできる離婚カウンセラーをぜひ最大限活用してみてはいかがでしょうか。

広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です