液体と液体の熱交換器 - 車の熱交換器が壊れるとどうなるのか

液体と液体の熱交換器

お互いの温度を交換して加熱や冷却作用を利用するのが熱交換器の働きです。

2つの物質を熱伝導率の高いものに入れて近接させて熱の往き来をさせます。

その効果を高めるために、接触する面積を大きくします。

熱交換器情報探しのヒントをお教え致します。

熱交換器の中でも効率が良いが液体同士の熱交換です。

高温の液体と低温の液体を近接して接触させることで温度を交換します。


接触する構造を工夫することで省スペースで熱交換を行うことができます。
そのような液体同士の熱交換器にはいろいろな種類があります。


例えばプレート方式です。プレス加工した金属プレートをパッキンの間に挟み液体を流します。

高温と低温を交互に配置することで熱交換を行います。
金属プレートの枚数を増減させることで処理能力を変更することができます。

シェルアンドチューブ方式は、二重構造の配管で熱交換を行います。



内側と外側のそれぞれの管に高温と低温を通して熱の交換を行います。


特に省スペースが必要な場合に有効な熱交換器です。
より省スペースが必要な場合は、スパイラル方式があります。渦巻き状をした配管を2つが重なるように組み合わさり1つの円柱を構成します。

配管を渦巻き状にすることで接触面積を大きく取ることができるため効率的な熱交換を行うことができます。

高温は渦巻きの内側から入れて外側に抜ける、低温は外側から入れて内側に抜けるように供給されます。このように交互に流すことでそれぞれの熱を交換し合うことができます。