車の熱交換器が壊れるとどうなるのか

車には必ず熱交換器が取り付けられており、この機械が正常に動作することによってエンジンのオーバーヒートを予防してくれています。しかしどのような機械でも長く使っていけば故障することはあり得ますから、当然車の熱交換器も故障することはあり得ます。

厳選した熱交換器情報を調べるならこのサイトです。

ではこの車用の熱交換機、ラジエーターが壊れてしまうとどうなるのかと言うと、端的に言ってしまえばエンジンが壊れることになります。

そもそも自動車のエンジンはガソリンや軽油といった燃料を燃焼させることで得られたエネルギーを運動エネルギーに変化させ、ピストンなどを動かすことによって車を動かすものです。


ですがこの熱エネルギーが過剰になってしまうとエンジンが焼けついてしまい、ピストンなどの運動エネルギーに変換するためにパーツが正常に動作せず、修理が必要になってしまいます。ラジエーターが熱交換器として正常に動作している間はクーラントがエンジンを冷却するために車が動かなくなることはありませんが、例えばクーラントが漏れて冷却能力が低下したり、ラジエーターが目詰まりを起こして冷却効率が低下するとエンジンが冷却できなくなってエンジンの故障という大きな修理に繋がるのです。



ラジエーターの修理だけであればそこまで大きな修理費用は請求されませんが、エンジンが完全に壊れて乗せ換えとなると極めて高額な修理費用が請求されることになるでしょう。

ラジエーターが熱交換器としての役割を果たしているかどうかはディーラーや工場の点検で必ずチェックしてもらえますから、もしそこで「状態が悪くなっている」と言われた場合には修理を前向きに検討して下さい。