熱交換器が使われているところ - 車の熱交換器が壊れるとどうなるのか

熱交換器が使われているところ

発熱した時にひたいにつける冷却シートは熱交換を行なっています。


高熱になったひたいから、冷却シートの冷却効果で熱を奪い体温を下げています。

最近話題の熱交換器情報を調べられるこのサイトはオススメです。

熱交換器は、このように生活の中でさまざまな分野に使われています。例えばエアコンです。室外機で気体によって冷却された液体が室内に送られ、エアコン内で気体を冷却することに使われます。構造としては同じですが、熱を奪われる作用を熱を奪う作用の両方を見ることができます。



大型のものではボイラーも熱交換器の一つです。



蒸気を発生させるために使われる加熱用の熱交換器です。効率良く加温するために発生した蒸気で加熱に使われる液体を予熱するタイプもあります。

あらかじめ温めておいた液体であれば、高温にする時のエネルギーを減らすことができます。

車や重機などのエンジンを冷却するためにも使われています。

エンジンのシリンダブロックを温度を下げるための冷却水は、前面にあるラジエータによって冷却されて循環します。

また、工場内の製造工程でも使われています。

食品を冷却するものや加熱するもの、一定時間保管するための冷蔵などに熱交換器の技術が使われています。


加温した物質、冷却した物質のそれぞれを効率良く使う工夫がなされています。
熱交換器は、高温の物質と低温の物質が接触してお互いの熱を交換し合う単純な機構をしています。
常に2つの媒体を接触させる面積を大きく、密接していることやより省スペースで効率の良い熱交換ができるように工夫し続けています。