お歳暮を贈るときのマナー

subpage01

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを贈る行事が、お歳暮です。

その起源は、江戸時代までさかのぼるといわれています。

お歳暮に関する情報満載のサイトです。

昔は、会社の上司や取引先が多かったですが、最近は上下関係より親しい人に、感謝の気持ちと「これからもよろしくお願いします」という思いを込めて贈るケースも増えてきています。お歳暮は、マナーに気を付けて相手に快く受け取っていただきたいものです。


まず大切なのは、お歳暮を贈る時期です。
もともとは、お宅を訪問してご挨拶するのが正式ですが、現代では、宅配便でお送りするのがほとんどになっています。年末の忙しい時期を避け、11月下旬から12月20日までに届くように、手配をするとよいでしょう。お歳暮を贈る品物選びも、大切なポイントです。あまり高価なものを贈ると、かえって相手に気をつかわせてしまうことになります。
5000円くらいを上限と考えておけば無難です。相手に応じた品物選びをすると、喜んでいただけます。



ご夫婦二人だけの家庭に、たくさんの生鮮食品を届けると、食べきれず困ってしまうことが予想されます。


ただ、お正月に賑やかに帰省されて楽しんでいただけるのであれば、みなさんで鍋を囲む材料や日持ちのするこだわりの調味料等は、話のネタにもなって喜んでいただけるかもしれません。スイーツ類やビール等も人気の定番の商品になっているそうです。



若い世代を中心に、自分の好きな物を選ぶカタログギフトも需要があるようです。