お歳暮を贈る時に気をつけること

subpage01

お歳暮は感謝の気持ちを込め、伝える意味合いから本来は持参して直接手渡しをします。

ですが仕事の都合や相手が遠方に住んでいる場合などは宅配便などを利用しても構いません。
ただし、手渡しの場合も宅配便の場合も気をつける点があります。
手渡しの時は相手の顔を直接見てお渡しするので、熨斗などは必要がないように感じますが、贈る品物には熨斗と水引をつけるのがマナーです。

お手軽なお歳暮を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

熨斗の表書きはお歳暮と自分の名前を記しますが、水引は紅白の蝶結びのものを選びます。


水引には様々な種類がありますがそれぞれ意味があり、蝶結びは何度あっても良いお祝い事に用いられるものです。



そのためお歳暮もまた何度あっても良いものであるので蝶結びとします。
訪問する時間は早朝や深夜、食事の時間はさけることが大切であり、事前に相手に連絡を入れて都合の良い時間を聞いておくと失礼にあたりません。

持参する場合は風呂敷または紙袋に入れていきますが、必ず包んでいった風呂敷や紙袋は持ち帰るようにします。


宅配便を使って贈る場合もまた熨斗と水引を品物にかけますが、のしは内のしにします。



外のしにしてしまうと荷物を運ぶ際に他のものとあたってしまったりこすれてしまったりして、熨斗が取れてしまうことがあるためです。さらに宅配便を使う場合は前もって日ごろの感謝を込めて挨拶状を送るか、お歳暮の品と一緒に手紙を添えるようにします。
デパートなどから直接配送してもらう場合は挨拶状を事前に用意しておき、一緒に品物に添えて欲しいと店員に伝えておくと、一緒に贈ってもらうことができます。