お歳暮はどんな物を誰に贈るのか

subpage01

お歳暮はどんな人に贈ることが多いのでしょうか。
基本的にはお世話になった目上の人や、取引先、親戚や両親、義両親などに送る人が大半です。お世話になった取引先の人として挙げられるのは、会社の上司や習い事の先生、子供の教師などに送る人もいます。

お手軽なお歳暮の情報はこちらです。

自営業の人の場合は取引先に贈る事が少なくありませんが、必ずしもすべての人が送るわけではないことを理解しておいてください。


ただし、贈ることで縁を深められる場合や、相手の関係性が良くなる可能性が高い場合には送ったほうがいいでしょう。
取引先に贈る場合は、相手の会社の規模などから個包装の物を優先的に贈ったほうが、受け取った側にとって利便性が高いです。

平均的にお歳暮はどれくらいの値段となっているのか、よくわからない人も多いです。



平均的には3千円程度ですが、目上の人には4千円や5千円程度となっていることが多いといいます。


なお、贈る時には一度決めた値段から下げないことが必要です。

いったん決めた値段から下げてしまうと、相手に失礼となるというマナーがあります。

毎年同じ価格帯の物を選んで贈る事が、相手に失礼とならないし、満足できる物を贈る事につながるでしょう。

特に重要なのは、相手に喜んでもらえるものを贈る事です。



普段から相手がどんな物を好むのか、相手との話などから判断し、喜んでもらえるものを贈ってください。


季節を感じられるように、お歳暮ならではの物を贈る事が望ましいでしょう。