自己破産という債務整理の方法について

債務整理にはいくつかの種類があります。代表的な物は任意整理と自己破産ですが、特に自己破産の場合は、気を付けておきたい点がいくつかあります。まず、裁判所に破産宣告を行うと、官報に氏名が載ります。しかしこれに目を通す人はごくわずかなので、気にする必要はありません。

それから、士業や金融関連の仕事をしている人は、一時的にではありますが、就業できなくなります。会社勤めの場合は、異動の可能性もあります。また、債務整理をするとブラックが信用情報につくので、一定期間ローンを組めなくなります。自己破産の場合はこの期間が長く、任意整理の場合が5年間でも、自己破産は7年待たなければなりません。

もちろんこれは、金融機関によっても違い、消費者金融と銀行ではかなりの差があります。ですから7年が経過して、再びクレジットカードを申し込むような場合には、信用情報機関に問い合わせて、ブラックが消えているかどうかを確認するのがお勧めです。そして、これも他の債務整理と共通しますが、整理の対象とした金融機関に申し込むと、審査に通りにくくなりますので注意しましょう。それから、自己破産はそう度々できるものではありません。

1度破産したら、7年経たないと次の破産はできませんし、初回に比べると、2回目以降は免責が下りにくくなります。また初回であっても、借りたお金をギャンブルなどにつぎ込んで破産宣告をした場合は、やはり免責がなかなか下りません。もし免責が下りない時は、借り入れた金額を全額返済することになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です