法律事務所への債務整理の依頼と必要書類

借金をして返済のめどを立てるのが難しくなってしまったという場合には、身近な法律事務所に相談した上で、債務整理の手続きを依頼するのがベストです。債務整理とはいっても、借金のすべてを棒引きとする自己破産から、返済の期間や金額などの条件を緩和してもらいながら少しずつ返済を目指す個人再生や任意整理まで、実にさまざまな手法があります。法律事務所の弁護士は、依頼者の資産状況や返済義務のある金額や債権者数などに応じて、こうしたなかからもっとも適切なものを選択して、依頼者にかわって手続きを進めることになります。そのため、法律事務所にこうした問題を依頼するにあたっては、必要書類としてあらかじめ提出しなければならないものがいくつかありますので、相談の段階から準備しておくとよいでしょう。

まずは依頼人本人であることを証明するための身分証明書の原本やコピーが必要であり、運転免許証、パスポート、健康保険証など、基本的に公的機関が発行した顔写真つきのものが該当します。また、債権者の一覧表、借金をしたときの契約書、借り入れ明細書、毎月の返済明細書なども、法律事務所による現状把握に加えて、手続き上債権者への通知を行う場合などに必要となってきます。もし依頼者に収入や資産がある場合には、会社の源泉徴収票、給与明細、確定申告書の写し、不動産の登記事項証明書、預金通帳など、その内容がわかる書類も求められます。さらに、書類ではありませんが、法律事務所との契約をするために、ゴム印以外の改ざんが不可能な認め印も必要となってきますので、忘れないようにすることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です