法律事務所に依頼するときの金額

法律事務所に相談や依頼をするにあたって、どの程度の費用が必要になるのかは、あまり明確ではないことが多く、しばしば一般の人の法律事務所への敷居を高くする原因にもなっています。以前はそれぞれの地域の弁護士会ごとに、標準報酬とよばれる一覧表が定められていたため、極端な話をすれば、どの法律事務所に相談や依頼をしたとしても、弁護士の報酬の金額は変わらないということになっていました。しかし、現在では弁護士などの法律問題にたずさわる有資格者の報酬の金額は自由化されているため、どの法律事務所を利用するかによって、大幅に違ってくる場合もあり得るということになっています。とはいえ、実際のところは昔と同様の報酬基準で運営されている法律事務所のほうがほとんどであり、法外な金額を請求されるということは、まずあり得ないと考えたほうがよいでしょう。

一般的な法律相談であれば、1回あたり30分として5000円程度、1時間であれば10000円程度というのが、全国共通でだいたいの目安となっています。また、実際に裁判や示談交渉などの手続きの代理を依頼する場合ですが、こちらは勝訴などによって目的を果たした場合に、得られたメリットにあたる金額の何パーセントかを報酬として計算するというのが一般的といえますので、案件によってかなりの隔たりが出てきます。ただし、少なくとも訴訟などによって得られるはずのメリットとなる金額を上回るようなことはないので、後から費用は捻出できると考えておけばよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です