遺言を残して円満な相続を

自分の財産を誰にどう残すかは遺言で自由に決められます。しかし、もしそれがなければ相続人は「法定相続分(=民法で定められた取り分)」、もしあったとしても一定の相続人は「遺留分(=民法で認められた最低限の取り分)」を相続する権利を持ちます。特定の人に財産を多く残したいと書き残しても、その遺言が誰かの遺留分を侵害していると、生前の希望が叶えられない恐れがあります。よく、自分には三人の子どもがいるが、病気で倒れてからは長男の嫁がずっとつききりで介護をしてきてくれた。

自分が亡くなれば、長男を含めた三人の子に均等に財産が渡るが、長男の嫁には何も残せない。トラブルが起こらないように長男の嫁に財産を残す方法はないか、という話を聞きます。こうした場合、まとまった額の生前贈与を行うのと引き換えに、贈与の時点で、将来の相続につき「遺留分の放棄」をしてもらうという選択肢があります。「先に財産をもらう分、後でもらえないが文句は言いません」と生前に約束させるのです。

その遺言書を作れば、生前に自分の相続時の遺留分割を円満に済ませておけます。ここで注意しなければならないのが、遺留分の放棄と相続放棄は違うという点です。遺留分の放棄をした人であっても、相続を放棄したことにはなりません。相続が起きれば相続人になり、遺産分割協議にも参加して、法定相続分を相続する権利を持ちます。

遺留分の放棄とは、あくまで遺言が遺留分を侵害した時に、遺留分の減殺請求をする(=「返せ」と主張する)権利を放棄したに過ぎないので、親が遺言を残さなければ意味がありません。また、遺産はいらない口頭や書面で約束させただけでは法的な効力は無いので注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です