自筆証書遺言には注意が必要です

遺言書を自筆で書くという方も少なくないと思います。これを自筆証書遺言と言います。しかし、自筆証書遺言は、自分で書いたんだからすべてが有効となるとは限らないと言えます。きちんと法に則った仕方で書かないと無効となってしまう危険性がありますので注意が必要といえます。

では、自筆証書遺言が無効とならないためのポイントとしてどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。まず、この遺言書は他人に代筆してもらうということはできません。またパソコンで作成するということもできません。必ず自分で書くようにいたしましょう。

字が下手かどうかは特に関係がありませんが、でも誤解の余地を造らないようにするため、できるだけキレイに丁寧に書くようにします。日付も記入しなければなりません。不明確な書き方をしてしまいますと無効となってしまいかねません。例えば、春の吉日というような書き方は、受け入れられません。

必ず年号と何月何日を入れるようにいたしましょう。また最後に署名捺印をすることも必要です。印鑑は三文判でも構いませんが、実印の方がより認められる可能性が高いといえます。訂正をする時にも注意が必要です。

訂正するときには訂正する箇所に二本の線を引きます。縦書きであるならば、縦に2本の線を引き、横書きであるならば横に2本の線を引きます。その上に訂正印を押します。そして変更した部分の欄外に何文字を削除し何文字を追加したかということも書き署名をします。

そのように法が求めてる通りに記入することによって正当なものとすることができるでしょう。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です