相続放棄には手続きが必要です

愛する大切な家族を亡くして気持ちの整理がつかなくても、その方がマイナスの財産を持っていたような場合には、一定の期間内に相続放棄の手続きを取る必要があることをご存知でしょうか。一般的に、被相続人が亡くなると、法定相続人には亡くなった方の財産を相続する権利が生じます。しかし、財産は預貯金や不動産、骨董品などというようなプラスの財産だけではなく、会社などを運営するための債務や、その他の借金といったマイナスの財産も含まれます。そこで、プラスの財産がマイナスの財産を上回った場合には、相続放棄の手続きをおこなう必要はありません。

けれども、逆の場合には、時効までに相続放棄の手続きをおこなわないと、法定相続人が借金の返済をすることになります。もちろん、マイナスの財産が多いからといって、絶対に借金の返済をおこなう道を法定相続人が選んではいけないということではありません。相続放棄の手続きをする場合には、通常は相続が開始されたことを知ってから、3か月以内にすることが必要です。これは一般の方でも、必要な書類などを揃えて裁判所に申請することが可能です。

ところが、法定相続人が相続放棄の手続きをすると、代襲相続の問題が生じることが考えられます。そうなると、子や孫などが被相続人の財産を相続することになる場合があるので、放棄するときには全員が揃ってしなければならないということです。そこで、関係者が多くなるときには、自分でするよりも専門家に依頼した方が簡単におこなえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です