相続放棄をする場合に気をつけること

家族が亡くなった場合には、遺言書が残されているかを確認することになりますが、相続財産がありますと不動産や貯蓄などの相続をするための相続人を決めることになります。この相続人は、亡くなった方の遺産分を相続する権利が与えるものですが、遺産には借金などのマイナスとなる財産も含まれているものですから、マイナスとなる財産の額が多い場合には、相続人は相続放棄をする権利が与えられていますので、手続きを行うことで相続放棄が成立するとされています。そこで気をつけなければならないことが、手続きを行って相続放棄が認められますと、これを撤回することはできないものですから、慎重に判断する必要があります。また、期限が設けられていて、3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行わなければいけませんから、この点についても注意をする必要があります。

そして、手続きを行う際には、申述書、相続人や被相続人の戸籍謄本、収入印紙などが必要となります。家族が亡くなってマイナスの遺産が確認されましたら、相続人となる家族は相続放棄を検討される方が多いといいますから、知っておきたいものです。このような場合には、初めての方ですと手続きなどに時間がかかってしまい大変なことでしょう。相続放棄に詳しい専門家が、お住まいの地域にもいらっしゃいますから、相談されてはいかがでしょう。

トラブルに発展することがあるといいますので、詳しい専門家に依頼されるのがいいでしょう。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です