交通事故の慰謝料と弁護士基準

交通事故の慰謝料というのは、被害者の肉体的および精神的な苦痛を金銭として置き換えたものということができます。しかし、被害者の主観でその苦痛の度合いをおしはかり、加害者に請求することとしていては、どれほどの高額になるかわからず、しかもあらゆる交通事故で基準が異なり、ばらつきが出てしまって公平にはなりません。そのため、交通事故の慰謝料として、過去の裁判による判例などからみて妥当な金額をとりまとめ、日本弁護士連合会が公表しているものがあり、これを交通事故の慰謝料の弁護士基準などとよぶことがあります。実際に交通事故の慰謝料をめぐる損害賠償請求訴訟が提起された場合については、この弁護士基準にしたがって、相手に対して一定の金額を支払えという内容を含めるのが一般的です。

裁判所でも双方の主張を聞いたのち、被害者の側にもどれほどの過失があるのかを見極めて、その部分は減額しながらも、おおむねこの弁護士基準を尊重しながら判決をとりまとめたり、または判決の前に和解を勧告して双方で合意させたりといったことをしています。こうした慰謝料の基準としては、弁護士基準のほかにも、すべての自動車が強制的に加入させられている自賠責保険による基準があります。自賠責保険の基準も、あらかじめ国によってその金額が公表されており明確なものですが、最低限の補償がメインの保険であるだけに、その金額は弁護士基準と比較するとかなり低い水準にとどまっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です