相続放棄する理由と方法

親などの被相続人が死亡すると相続人が遺産を引き継ぐことになりますが、遺産は必ずしもプラスになるものだけとは限らず、借金などの負債も相続の対象になります。遺産の一部だけを相続することはできないので、負債の方が多いときは相続放棄すれば借金を返済する必要がありません。もし債権者が取り立てに来ても放棄したことを伝え、それでも取り立てを止めない場合は司法書士や弁護士に依頼して止めさせることができます。また、複数の相続人がいると、相続争いに巻き込まれてしまう可能性もあるため、これを避けるために相続放棄する人もいます。

相続放棄するには、被相続人の最後の住所の家庭裁判所に書類を提出します。これは出向いても良いですが、郵送で済ませることもできます。なお、相続放棄はいつでもできるわけではなく、相続開始を知ったときから3か月以内に手続きを行わなければ単純承認として扱われ、全ての遺産を相続することになります。また、相続開始の前に手続きはできません。

遺産がプラスかマイナスか分からないときの対策として、申請することで手続きの期限を延ばすことができるので、その間に遺産を調べて相続するかどうか検討できます。また、プラスの遺産の範囲でマイナスの遺産を引き継ぐ限定承認という方法もあります。もしマイナスの遺産が多かったとしてもプラスの遺産を超過した分を返済する必要はありません。また、プラスの遺産が多ければそのまま相続できます。

便利な制度ですが、相続人の全てが限定承認の申請をしなければならないため、相続人が多いと手続きが面倒になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です