相続放棄は勝手にできません

被相続人である父親が亡くなった時の遺産が借金ばかりだったということが少なくありません。その場合、相続人である家族は民法で認められている「相続放棄」をすることで、借金の返済義務から逃れることができます。ただし、債権者が押し掛けた時に、『相続放棄をします』と言っただけでは何の効力もありません。相続放棄は家庭裁判所に申し立てて、認められた時点で初めて法的な効力が発生します。

また、相続放棄には期限があり、「被相続人の死亡を知った日」から3ケ月以内に裁判所に申し立てなければなりません。3ケ月が過ぎた後で、『3ケ月の期限のことを教えてくれなかった』だとか、『債権者に相続しないと手紙を出した』と言っても、裁判所は一切認めません。唯一、「被相続人の遺産状況(資産や負債)を知った時から3ケ月を経過していない」という要件を満たせば、期限を過ぎていても認めてもらえる可能性はあります。ただし、被相続人と同居していた場合に、分からなかったという理由では却下される確率が高くなります。

ところで、相続順位の上位の人が相続放棄をすると、下位の順位の人に相続権が移行する場合があります(配偶者は順位に関係なく必ず相続人になります)。第一順位は被相続人の子供、第二順位は被相続人の直系尊属(父母)、第三順位は被相続人の兄弟姉妹です。同順位の相続人がいれば、その順位の相続人の間で遺産分割をしますが、同順位の相続人がいない場合は次の順位の相続人が遺産分割をすることになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です