相続放棄の手続きはけっこう複雑である

被相続人が亡くなったら相続人は被相続人の財産を相続することになりますが、それが欲しくないと言う人が中にはいます。相続の問題に関しては厄介なことが多く相続財産について相続人間でトラブルになってしまうケースがけっこうありますが、自分が稼いだものでもないのにそういった物は欲しくないと考える人も少なからずいます。また被相続人の財産が債権よりも債務の方が多い場合には相続をしてしまうと被相続人の借金を背負うことになるので、その場合にも相続をする意味がないので相続を放棄する人が多いです。このように相続人が相続を放棄するケースがけっこうあるのですが、何もしないでいると単純承認をしたものと見做されてしまうのでその点は注意した方が良いです。

相続人は相続開始があった時から3ケ月以内に相続放棄や限定承認などをしない場合には相続放棄をしたものと見做されてしまうので、その前にしっかりと手続きを取る必要があります。相続放棄をするための手続きは少し複雑ですが、相続人が被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に行って申請をすることになります。この時に相続放棄申述書や被相続人の住民票の除票、戸籍謄本などを一緒に提出する必要があるので、その点は十分に注意することが大切です。費用は申立人1人につき収入印紙800円分がかかり連絡用の郵便切手が必要となりますが、この郵便切手については裁判所によって値段が異なります。

このように相続放棄をする場合には手続きが複雑なので、よく分からなければ弁護士に相談をするのが良いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です