遺産相続の相談は弁護士へ

高齢化社会に伴い、遺産相続などの家族内での問題も多くなってきました。そもそも、本来、遺産相続の権利は、法律上は、兄弟みな平等に与えられているものですが、親が遺言状などを作っている場合、その通りにならない場合もあります。それには、色々な理由があります。例えば、3人兄弟がいたとして、長男が両親が買った家の住宅ローンの8割を毎月負担してあげていたとしましょう。

他の兄弟が、全くその住宅ローンを負担していなければ、当然、親は、長男にその家を相続したいと思うでしょう。しかし、ここで、問題になってくるのが法律上の相続権です。そんな問題を解決してくれるのが弁護士です。弁護士は言わずと知れた法律の専門家ですから、専門的な不明点はもとより、どうすればそういった兄弟紛争が起こらずに済むか?ということを教えてくれます。

また、遺言書ですが、これは、法的に認められたものでなければ有効となりません。では、一体法的に認められる遺言書とは一体どんなものなのか?私達一般素人では皆目検討つきませんが、弁護士に相談すれば、きちんとその問題も解決してくれます。親は誰しも、自分達が産んで育てた子供達がずっと仲良くしてくれることを望んでいるでしょう。しかし、遺産というお金が絡んだ時に、その仲が崩れてしまうことも残念ながらあるのです。

そういったことを未然に防ぐ為にも、誰に何をいくら相続するか?というのは生前きちんと解決しておきたい問題です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です