相続に弁護士は必要か?

相続には様々な問題や手続きがあり、一般の人だけで解決することが困難であるケースも多々あります。そうしたケースに対応するために、弁護士や司法書士、行政書士、税理士などの専門家に相談することはとても大切です。中でも弁護士はあらゆる問題に対処できる専門家でありますが、依頼に掛かる費用も他の専門家と比べると高額であり、自分のケースで本当に依頼するべきか悩む人もいます。相続において弁護士が必要となるケースは、主に遺産分割について争いが発生する場合です。

遺言がある場合はその遺言の内容に納得がいかず遺留分の請求をしたり、遺言がない場合は法定相続割合以上の遺産を取得するため、あるいは不動産のみ、現金のみといった遺産の種類を指定するためなど、遺産分割協議で希望する条件で合意するために必要となります。遺産分割協議で相続人全員の合意が得られない場合は、裁判所で判断をしてもらうことになります。特に生前贈与など特別受益を受けている場合や、介護や家業の手伝いをした寄与分などで争いがある場合は、簡単に合意するケースは少なく、遺産分割調停や審判などで解決することになります。そうした遺産分割調停や審判などでは、弁護士の有無は非常に大きい影響しますので、やはり遺産分割全般では弁護士は必要であると言えます。

もちろん、遺産分割に争いがない場合は遺産に不動産がある場合の登記や相続人の調査などを扱う司法書士、税金の申告と納税を扱う税理士などの専門家に依頼することになります。広島で遺産の相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です