相続問題は弁護士に解決してもらおう

身内が亡くなったとき、相続問題が必ず発生します。誰が何を相続できるのが、遺産や借金などを整理しなければなりません。これらは素人が判断することはできず、専門家に仲介役として入ってもらう必要があります。そこで弁護士に依頼し、問題なく済むよう協力してもらいましょう。

まず亡くなった方の遺産や借金を整理する必要があります。相続はプラスの面だけでなく、マイナスの面もあるので、必ずトータルで考えなければなりません。借金によるマイナスが発生しないよう、打ち消すようにプラスである遺産を当て、帳消しするように弁護士に相談すると良いでしょう。相続は義務ではないので、それを受ける受けないを個人が決定することもできます。

遺産のようにプラスになる面があったとしても、誰かに譲るという形で受け入れを拒否し、他の人が多くもらえるようにすることもできます。ただ、拒否する場合は申請が必要なので、その書類準備や提出を弁護士にお願いすると良いです。ここで大きな問題が税金の支払いになります。相続した瞬間、その額に応じた税金が発生し、一定期間内に届け出を提出し、納税しなければなりません。

受け取る額が多くなればなるほど税金も多くなるので、税金対策として、バランスよく受け取るようにすると良いでしょう。ポイントは、可能な限りたくさん受け取り、税金を最低限に抑えることになります。何人の人が関わるかにもよりますが、弁護士と一緒にそのバランスを考えると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です