相続の際の遺産分割と弁護士

近親者の死亡によって相続が発生した場合ですが、通常は配偶者をはじめとして、複数の相続人が存在しているものです。この場合、誰にどのような遺産を割り当てるのかを決定するため、相続人のすべてが集合して、遺産分割協議とよばれる話し合いをすることになります。そして、そうした話し合いの結果として、一定の方向性があきらかになった場合には、後日の証拠とするために、遺産分割協議書とよばれる書類を作成して、それぞれの人が署名し、印鑑登録をした印鑑を押印するというかたちになります。しかし、こうした手続きというのは、一生に何度もあるようなことではありませんし、遺産分割協議書についても、法律上有効なきちんとした形式で書かなければならず、なかなか素人にとってはけずかしいものといえます。

こうしたときに、法律のプロとしての弁護士の門戸を叩いて、法律相談を受けてみるというのは、問題解決に向けた最良の方法であるといえるでしょう。弁護士はあらゆる法律上の問題を解決するだけの法律上の権限を与えられた国家資格の所持者ですので、通常の裁判などのほかにも、こうした相続の場面でも力になってくれるのです。通常は地域にある弁護士会に照会するか、インターネットや電話帳などで法律事務所を探して、空いている日時に予約をすれば、弁護士が直接面会してくれます。もしも法律相談の結果として、遺産分割協議書の作成をはじめとする手続きのいっさいを任せたいという場合は、別途契約を結ぶことになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です