相続の際の調停と弁護士

相続にあたっては、遺産の配分をめぐって親族どうしでのトラブルになることがよくあるものです、こうした場合、解決の方法としては、まずは任意の話し合いということになりますが、当事者が直接というのは、やはり感情的になってしまう部分があり、トラブルをよけいにこじらせてしまうことが少なくはないのです。そこで、たとえば裁判所のような中立的な機関に対しての申し立てをすることによって、トラブルを解決するということが考えられます。裁判所を利用するとはいっても、いきなり訴訟を起こすということではなく、まずは調停というかたちでおさめるのもよいといえます。調停というのは、相続のような問題で、当事者による任意の話し合いがむずかしい場合に、裁判所の裁判官や調停委員とよばれる人たちにとりなしをしてもらって、お互いの歩み寄りで合意点をさぐるというものです。

このような調停の申し立ては、当事者であれば誰でもできるものですが、手続きがわからなかったり、いずれ訴訟に持ち込む可能性がないわけではないという場合には、はじめから弁護士に対応してもらうという方法があります。弁護士はあらゆる法律上の課題を処理することができるため、別に訴訟そのものではなくても、こうした調停の手続きをかわりに依頼するということでも差し支えありません。弁護士に相続問題を依頼するに先立っては、まずは法律相談を受けてみて、アドバイスが適切であるかどうかを確かめてから、正式に依頼をするということでもよいでしょう。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です