日本で働く外国人の姿を目にすることは珍しいことではなくなってきているでしょう。

色々な会社で外国人を雇用することが増えている中、仕事中に起きやすいトラブルもあり、雇用する側と雇用される側がお互いに働きやすい職場であるためには外国人労働者に対する丁寧で適切な対策が必要です。トラブルが発生する原因の一つに、言語だけではない文化や習慣などを含むコミュニケーションの問題があります。同じ日本人同士であっても育った環境によって物事に対する価値観が違うように国が違えばあらゆる違いがあることを当然と思い、雇用する際は相手の国の文化や習慣を理解するとともに、会社としての価値観などに関しても理解を得られるように伝えることが重要です。

日本語での日常会話は問題なくても仕事上の複雑な言葉や表現となると理解が難しい場合がありますが、相手にわかりやすい方法を見つけて伝えようとする努力があることで、相手も理解しようとする姿勢を持ちやすくスムーズな意思疎通につながります。口頭だけでどんどん話を進めてしまうのではなく、ジェスチャーを交えたり動画や画像を活用したりと様々な工夫が大切です。

また、ダイレクトに言葉にせず遠回しな表現からその意味を察することが求められるのも日本特有なものであり、外国人労働者にとってはとてもわかりづらいことが多くトラブルを招きかねません。相手を混乱させるような曖昧な言い方をしたり、わかってくれるだろうと詳しい説明を省いてしまったりすることのないよう注意し、仕事上欠かすことのできないコミュニケーションを円滑にすることで、外国人労働者の活躍が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *