さまざまな企業で積極的に外国人労働者を雇用している日本ですが、トラブルの声というのも残念ながら少なくはありません。

その背景には文化の違いなどというのが大変多いのですが、このような外国人労働者との間に起こりえるトラブルというのは事前に防ぐことというのは可能です。外国人労働者とのトラブルにおいて、最も多いのは人間関係です。日本人と一緒に働いている企業というのが大半ですが、日本人同士でも考え方などの相違によって起こり得る人間関係のトラブルというのは、過ごしてきた文化も異なり、仕事に対しての考え方なども大きく違うため、うまくコミュニケーションが取れないといったことが起こり得ます。

そのため、雇用する側の外国人の文化などをしっかりと把握した上で、日本の文化などを伝えていくことも大切ですし、他の従業員に対しても理解を深めるために常に間に立つことが必要です。また、言葉が通じないことでの不安などを抱えている人も多いですので、定期的に話を聞く機会を設けるということも大切です。

外国人労働者とのトラブルの主なる原因というのはコミュニケーション不足というのが大きいですので、言葉を理解することが出来る人との話し合いの場を設けることや、その国の文化に日本人を含め、他国の人々が興味をもって寄り添うことが出来るような働きかけを行わなくてはいけません。日本の文化ばかりを押し付けたりするのではなく、上手く共存し合うことが出来るような働きかけを行うことが回避に向けて大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *