外国人労働者トラブルでよく起こるのは賃金の問題です。

賃金が低すぎるケースはよく認められており、最低賃金に届いていない事例は少なくありません。賃金を低く設定しすぎていると、外国人労働者が失踪するトラブルに見舞われる可能性が高くなります。失踪トラブルは決して少なくないので、企業側はできる限り厚遇して対処する必要があるでしょう。失踪による外国人労働者トラブルの裏には、何らかの不満があると考えてください。不満がまったくなければ、働き続けたいと考えるのが普通です。

そもそも外国人自身も失踪する状況に追い込まれるくらいなら、最初から日本で働こうとは思わないでしょう。相手が失踪してしまった場合は、行方を見つけるのは非常に困難です。文化の問題が労働者を追い詰めるケースも少なくありません。海外では当たり前だったことが日本では通用しないことが多々あります。逆に海外で非常識であることが日本では常識だったりします。文化の違いには時間の経過とともに慣れていく人が多いですが、まったく慣れない人も一部にいるのです。

企業側が的確な防止策を施していれば、外国人労働者トラブルの多くは回避できます。労働環境に問題があるのであれば、ここを改善していく必要があるでしょう。文化的な生活ができるように、企業側が配慮することは必須です。例えば寮生活が劣悪な環境で行われているなら、ここから改善していく必要があります。衣食住の生活基盤をしっかりと用意する対策が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *