日本国内では、少子高齢化が進んでいる中で、人材不足が著名になっているという事実があります。

外国人労働者を雇う事でこれらの問題の解決に努めていますが、実際には問題も多く、コミュニケーションがうまくとる事が出来ない、などの問題も生じているのも現状です。雇用していた外国人が失踪するなどの問題も抱えています。未然にトラブルを防ぐためにも、今までに起きたトラブル事例から解決方法を考えなくてはいけません。外国人が失踪するというのはよくあるトラブル事例の1つです。2017年に失踪した外国人労働者は約7000人以上で、2013年からの5年間で約26000人が失踪している事がデータとして残っています。

毎年、失踪している外国人が増えている状況です。面接日や面接前に連絡が取れなくなるというパターンが多いようです。解決するには、失踪届などを警察に提出するという形になります。失踪した時に一番重要なことはしっそうした原因を把握する事です。劣悪な労働環境や文化の違いについていけなくなる事などです。労働者事態に問題があるのではなくて、企業の対応が不十分な事から失踪を招いています。

また、文化の違いから残業に対しての理解を示してくれない場合が多いです。海外では定時に仕事を終えて、終わらなかった仕事があれば、後日の定時刻内で仕事を終わらせるという考え方が軸となっています。残業をしてくれない原因を理解するには、これら事を頭に入れておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *