外国人労働者を雇用した事によるトラブルをなるべく抑える方法は適切な書類の作成、雇用に関する法律への理解、働きやすくするための環境整備が挙げられます。

適切な書類の作成は裁判沙汰を起こさないために必要な処置で、この処置が甘かったせいで「雇用条件が違う」と言って訴えられるケースは、外国人労働者が起こすトラブルの中でも数多いです。雇用条件の違いから起訴されるケースの主な原因は雇用契約書が日本語、もしくは彼もしくは彼女たちが理解できるレベルの日本語で書かれていないせいだと報告されています。不十分な理解によって裁判沙汰を引き起こさないための対策は日本語だけでなく、彼もしくは彼女たちの母国語で雇用契約書を作成したり、分かりやすい日本語で書いたり等です。雇用に関する法律への理解も大切で、その複雑さから理解を放棄している企業もいたりします。

そのためトラブルに巻き込まれてから、外国人労働者にも国内の労働法が通用すると初めて理解される事も多いです。先述した雇用契約書の作成を考慮すれば、法律のプロである弁護士にアドバイスを貰う事も対策としてはありです。働きやすくするための環境整備は日本人にも当てはまりますが、外国人労働者のトラブルを抑えるためにはコミュニケーションを徹底的に見直す必要があります。海外では正しい物言いが価値があると考えられているため、はっきりとした言い方が基本です。いきなり日本特有の自分で考えて察するコミュニケーションは難しいので、はっきりとした言い方でコミュニケーションしやすいようにする事が推奨されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *