日本は人手不足に陥っているので、外国からの労働力に頼らざるを得ないがトラブルが多いというのはよく聞く話です。

日本社会が本当に人手不足ならば、言葉が不自由な外国人よりも氷河期世代といわれているバブル崩壊後に正社員雇用をされずに、非正規雇用をしている日本人を積極的に正規採用してもいいはずです。「人手不足」という言葉でまとめられてしまっていますが、この言葉の裏側は「日本人がやりたがらないことを安く請け負ってくれる人がいない」と考えることもできます。

実際に外国人労働者が働かされている職場というのは、日本人からすれば「給料が安く、きつい仕事」のイメージのあるところが多い傾向にあります。日本人ですら働きたくない場所を外国から来た人がトラブルを起こさずに働くというのは難しいと考えるべきでしょう。雇ったはずの外国人労働者が集団でいなくなってしまったという話が時々ニュースになったりもします。大きく取り上げられなくても、家族を養うために貧しい国から日本に出稼ぎにきた外国からの労働者が劣悪な環境で働かされていたという話はよく耳にします。日本の労働者不足の問題と外国人労働者のトラブルはセットで考える必要のある問題であると考えられます。

トラブルが起きるということは、外国人に問題があることも中にはあるかもしれませんが、日本の労働環境が「先進国」とは思えないほど働き手のことを考えない環境であるということも大いにあるからです。
外国労働者のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *