景気の動向が安定せず、労働力が不足している現代において海外から労働者を雇用しこれを補充することが企業にとって重要な課題になりつつあります。

海外に拠点を拡大しようと計画している企業にとっても、諸外国から人材を雇うことは有効な戦略です。ただ、外国人労働者を雇うに際しては、関連法規を遵守することをはじめ受け入れ体制を管理できる人材を用意する必要があります。外国人を労働力として雇用するためには、正しく対応できる受け入れ管理者を配置することが重要です。

受け入れ管理者になるためには、「外国人受け入れ管理者試験」や「外国人雇用管理主任者試験」といった試験に合格あるいは同程度の知識を有していることが望まれます。それには、人事管理や労働法、社会保険制度などに関する基礎知識を理解していることが必要です。また、在留資格や入国管理法、採用計画や日本語を中心とした研修計画などの知識も求められます。そして、海外からの労働者を受け入れるにあたって最も重視されるのは、彼らとのコミュニケーション能力です。

諸外国の労働者を採用し雇用している際に発生するトラブルの多くは、言語が通じにくかったり国により文化が違ったりすることに主な原因があります。優秀な受け入れ管理者となるためには、外国人が労働環境に馴染めるように日本の文化や習慣について教える力と諸外国の文化を理解する力の両方が求められます。獲得した人材を無駄にしないためにも、法令遵守とコミュニケーション能力のバランスがとれた受け入れ管理者の育成が急務となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *