外国人の受け入れ管理者になるためには、試験に合格する必要があります。

一般社団法人日本ビジネス能力検定協会では、海外からくる労働者の管理を行う管理職向けのセミナーと、在留資格・技能実習制度・外国人労働者の雇用などに関連した知識の習熟度を判断するという目的で外国人受け入れ管理者試験を行っています。

外国人の受け入れ管理者試験の実施日は年2回であり、試験の実施方法はオンラインで行っています。ですのでもしも受験の申し込みをするのであれば、受験料を税込で10、000円銀行振込などで支払えばあとは必須となるインターネット環境があれば誰でも受験することが可能です。ただ、事前に管理者向けのセミナーを受けておいた方が試験を受けるにあたって有利といえるでしょう。注意事項としては、受験をするときには事前にWebカメラを用意する必要があります。これは受験する際に本人確認を行うために必須であり、また不正を防止する目的もあります。

申込みの期限については、試験を開催する日の2週間前までです。ですので、受験を希望する場合には事前に一般社団法人日本ビジネス能力検定協会の公式ホームページの中に外国人の受け入れ管理者試験についての詳細が記載されているページがありますので、それを見て確認しておいてから申し込みをすることが大切です。合格発表に関しては、この試験が終了後から2週間以内に合否結果をメールで通知する形になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *