日本は基本的に単一民族で構成された社会であり、外国人との交流はそれほど得意としていません。

これは、海に囲まれた島国であり、他国と地続きになっているほとんどの諸外国と地理的状況が異なることが大きいでしょう。とはいえ、近年はグローバル化が進み、海外との交流の垣根は低くなっています。多くの業界で人手不足に悩まされていることもあり、積極的に海外から労働者を雇用する動きがでています。

ここで問題となるのが、外国人を採用するときに法的にはどのような手続きが必要になるのかということと、日本社会特有の労働環境のなかでどのように働いてもらうかということです。日本人社会の慣習を知らないためにトラブルになってしまう例も珍しくありません。外国人労働者の雇用は近年になって活発化したこともあり、この方面で詳しい人間が不足しているのが実情です。

今後も海外からの労働者の雇用問題は増加することが見込まれます。そこで、必要な知識を得るために「外国人受け入れ管理者セミナー」に参加してみっちり学ぶと良いでしょう。講座は受け入れ管理者が知っておくべき一般常識が学べる「人事・労務管理編」と、採用者が知っておくべき基礎知識が学べる「採用・管理者変」です。必要な知識が網羅され体系的に学べます。また、これら必要な知識をまとめた「外国人受け入れ管理者公式テキスト」も販売されています。セミナーに参加する時間がない、会場が遠方で行けない人は少なくともテキストに目を通しておくと、役立つ知識が習得できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *