人口減少や老齢化の進む日本において、外国人労働者の雇用は必要不可欠です。

さらに、2019年には入管法が改正され、在留資格として14の特殊技能が追加で認められたこともあり、外国人雇用の流れに拍車をかかることになるでしょう。

この流れは、労働力を必要としている企業にとってはたしかに朗報ですが、果たして企業が受け入れするにあたっての必要な手続きや体制作りは整っているのか、という疑問は解決されません。実際に仕事を始めてから、言葉の問題や文化の違いから生じる誤解やトラブルの話をよく聞きます。そういった、トラブルの対処法などについてはどうしたらいいのだろうと、受け入れを希望していても不安な企業は多いはずです。

技能実習生と、新たに在留資格として追加された特定技能1号の違いはなにか、留学生を雇用してもいいのか、手続きはどうすればいいのかなど、専門家でないとわからないことが多いです。また、雇用すればしたで、時間通りに来ない、注意したら怒って帰った、何も言わず会社に来なくなったなど、考えられるトラブルも様々です。外国人雇用にあたっては、法的な知識、受け入れ態勢の準備、受け入れ後のフォローがあります。それらをトータルにサポートする人材が受け入れ管理者で、受け入れ管理者の需要は外国人雇用の増大とともに、増えてくるはずです。受け入れ管理者の育成を目的とした資格試験もありますし、外国人雇用に関する様々な情報をまとめた本も書店で購入することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *