日本国内の新たな労働力として注目されている外国人労働者ですが、対応を誤ったことでうまく活用できていないケースが多く見られます。

日本人とは文化が違うため、経験や知識がない場合には適切に対処するのも難しいかもしれません。外国人の受け入れ管理者として必要な施策をしっかりと講じて、トラブルが起きないようにしましょう。外国人の受け入れ管理者としてやるべきこととしては、労働条件の確認が挙げられます。応募の際には良い条件を出していたにもかかわらず、実際に就労してみると不利な条件だったという職場はよくあります。

そうした職場では外国人労働者と日本の経営陣との間でトラブルが起きやすく注意が必要です。こうしたトラブルを避けるには、定期的に職場訪問を行い労働条件を確認することです。これにより海外からの労働者が不利な条件下で働かされていないかチェックすることができ、不要なトラブルを防ぎ快適な職場を実現することができます。

職場訪問についてはあらかじめ相手先に伝えておくと隠される恐れがあるので、抜き打ちに近い形で訪問すると良いでしょう。もう一つは日本語について学べる環境を提供することです。外国人の受け入れ管理者が日本語を指導する必要はありませんが、彼らが必要に応じて学べる環境を提供できない場合、コミュニケーションができないことから問題につながる恐れがあります。加えて日本の文化に関する教室を開くなどして、日本での過ごし方などを学ばせるようにすれば彼らにとっても不安な環境が一掃されるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *