これからの日本は、労働力の確保が難しくなるのではないかと言われています。

少子高齢化問題がどんどん深刻になってきており、人口は近い将来1億人を割るのは確実と言われています。このまま人口減少が進むと、企業は働き手を確保することができずに、事業継続を断念せざるを得ない状況に追い込まれるかもしれません。そこで近年、外国人労働者を活用しようという動きが出てきています。

実際に2018年には入管法が改正され、外国からの労働者を受け入れる態勢が形成されつつありますが、問題となるのが、外国人労働者を受け入れる準備や体制が日本の企業は整備されているのかということです。外国人労働者を雇用するときには、日本人を雇用する場合に比べて、いろいろと面倒な手続きが必要になってきます。

それらのことをしっかりと把握できている人が一体どれだけいるでしょうか。そんな中、外国人受け入れ管理者試験という資格試験が設けられ注目されています。この受け入れ管理者資格を取得することができれば、技能実習生や特定技能1号の違いなども明確に分かるようになり、外国の方を労働力としてスムーズに受け入れるようになるでしょう。制度的な問題だけでなく、異国の人を受け入れる際には文化的な摩擦が生じることも少なくありません。受け入れ管理者資格では、そのあたりの問題をどのように解決していけばいいのかという知識も得ることができます。受け入れ管理者資格は、これからの世の中になくてはならない資格です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *