日本の労働人口の減少する中、優秀なスタッフの確保が課題になっています。

従来日本では専門性を持つ人を除いて、外国人労働者を受け入れることは難しい状況でした。しかしこのような背景により新しい在留資格として特定技能を新設した、改正出入国管理法が施行されたことによって今後たくさんの海外の労働者を受け入れることが見込まれています。外国人受け入れ管理者は海外からやって来る人の雇用について専門知識を身につけていて、雇用に関する総合的なサポートを行うことができる人の育成するのを目的にして設立された資格です。

海外からの雇用を導入するにおいて活用することができる、各種助成金制度などの申請をサポートする社会保険労務士や、ビザ申請を手続きしたり労働生活相談を行う企業の人事労務担当者など、海外からの雇用に関係するすべての人に有用な資格になります。

認定の流れとして外国人受け入れ管理者の試験に合格すると公認されることになり、幅広い職種において活用することが可能です。外国人受け入れ管理者として必要な知識に関して試験を行い、合格者には合格証書などが発行されます。これからますます増加していく外国人労働者を定着させたり、人口減少をたどる日本の将来のため企業では海外からの雇用に関する専門知識を持つ人がいると安心です。受け入れ管理者は企業はもちろん地域社会や外国から働きに来る若者にとって、幸せな環境を促進する大事な業務を担っています。
外国人の受け入れ管理者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *