介護や建設業にサービス業などの人手不足が慢性的に続いている業界では、外国人採用を積極的にしている事業所も多いですが、外国人採用の前にはチェックするべきポイントがたくさんありますので、満たしているかを確実に確認しましょう。

一番大切になってくるのが就労ビザを持っているかどうかです。期限が切れていない有効期限内のビザであり今後も継続して働けるかを調べることが大切です。中には観光ビザで来日して仕事を求めてくる人もいますので、トラブルを避けるためにはビザの提出を義務付けることが一番です。日本語能力が必要な業種の場合には、求めているレベルの日本語力があるのかもしっかりチェックしていきましょう。日本語検定などのわかりやすい目安がある場合には、その合格証明書を提出してもらうことで、簡単に日本語レベルのチェックなども行なうことができます。

これ以外に気をつけなければならない点はその人の学歴や職歴です。学歴が必要な業種の場合には、海外の学校を卒業したと証明できる書類も一緒に雇用時に提出してもらうようにしましょう。職歴についても母国でどのような仕事に何年従事していたのかを聞いてみたり、持っている資格なども調べることで職務の際にも適切な部署に配置ができます。外国人採用ではビザがなければ事業主側も罰せられてしまうこととなりますから、外国人採用に踏み切る際にはパスポートとビザのチェックだけは必ず行なうようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *