近年、多くの企業で外国人の採用が積極的に行なわれています。

コンビニや居酒屋など身近なところで実際に接客を受けたことがある経験も多いのではないでしょうか。なぜ外国人の採用が盛んに行われているのか、そのメリットと課題について検討してみます。まず、採用のメリットについてです。日本の高齢化が進むにつれて、生産年齢人口、つまり労働力のある人口の割合が減少し、さらなる人手不足の加速が懸念されます。そこで積極的に外国人を受け入れることで、労働力の確保へとつなげることができるでしょう。ですが、そこにはまだ多くの課題も残されています。まず第一に大きな壁となるのが、言語の壁です。サービス業においては、言葉を使ってのコミュニケーションが必須となりますが、他国の人を採用するにあたっては日本語の教育が必要です。

また、それと関連して、その国による文化や国民性の違いがコミュニケーションに如実に現れるため、マナーの教育も不可欠でしょう。場合によっては、当人には何の悪気がなくとも、文化や認識の違いにより顧客とのトラブルやクレームへ繋がってしまう可能性も考えられます。外国人を雇用する上では、コミュニケーションの教育・研修体制を万全に整えておかなければなりません。また、雇用をする側のみならず、サービスを受ける我々消費者側も、増加している外国人労働者について理解を示し、共存していけるような社会を目指してくべきなのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *