外国人採用というと、日本の企業が日本の職場で人手が足りない分を、外国人の労働者で補っている、というイメージがありますが、今は日本国内で外国人の人が主導になって事業展開をしているような例も少なくないので、外国人採用はどんどん増えていくでしょう。

働く場が日本であっても、上司が外国人であれば言葉の面での不自由も少ないですから働きやすいとも言えます。採用する側も分かり合える点が多いのでやりやすいでしょう。また、日本人ばかりではアイデアなども偏ってしまうことがありますから、他の国の人を仕事のメンバーに入れることはとても多くのメリットがあります。アイデアやこれからの仕事の幅を広げることに行きつまりを感じているのであれば、そうした外国の人の意見を聞くことで視野を広げてみても良いでしょう。もし採用することに不安があるのであれば、実際に採用している企業の人事の人などに意見を聞いてみても良いです。

そうすることによって現実問題も見えてきますし、メリットもわかるものです。地域のセミナーや講習会などに参加すれば地元の企業の現状などもわかってきますし、どのようなやり方をすればうまくいくのかのノウハウもわかってくるでしょう。ですが、言葉の壁をなくすためにも外国語の勉強を自らが学んでいくという姿勢も大事です。受け身にならないことで労働者との溝も狭くなっていくので、コミュニケーション同様仕事もやりやすくなるかと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *