外国人を採用するにあたって専門的な知識や高度な技術を有すること、語学が堪能であること、コミュニケーション能力が優れていることなど自社が求めている能力や人材像をはっきりさせておくことが、重要になってきます。

そのうえで自社の社員に対しても外国人の必要性等を理解させておくことが、必要になってきます。また採用段階において職務内容、権限の範囲、関連する責任などを詳細に記載したものなどを活用して、自社が期待する役割等を明示しておくことも必要です。異国の地である日本で就労する外国人は、日本人以上に仕事の悩みを抱えがちです。そこで職場の上司とは別に指導、相談役となる社員がサポートするなど、メンター制度の導入も検討してみましょう。また同国出身者の外国人先輩社員をサポート役につけるなどの施策も必要となってきます。

さらに日本の職場は外国の人にとって、能力評価が不透明と感じるケースが多いようです。不透明な能力評価は、早期離職やモチベーションの低下につながることもありますので納得できる公正な能力評価を構築していくことが、外国人労働者を採用するにあたっては欠かせないことになるのです。また外国の人の日本語能力を向上させることは必要ですが、日本人社員の語学力の向上を合わせて行うことも大切です。日本人社員から歩み寄っていく姿勢は、チームワークの強化にも役に立つこととなります。業務に関連する様々な資格の取得を推奨することも、非常に大切です。
外国人を採用のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *