ビジネスで多くの外国人が日本を訪れると、来る側も迎える側もビジネスマナーの違いに戸惑うことが少なくありません。

日本と海外のビジネスマナーの違いを論じる際、しばしば取り上げられるのが名刺交換でしょう。両手で渡し両手で受け取ることや、上司が交換した後に交換したり、訪問先より前に差し出すなど日本ならではのマナーが存在します。外国人がビジネスに携わるとき失礼にならないよう、予め研修などで学ぶことは重要です。自社で研修対応ができないときは、社外セミナーを利用すると便利です。研修を請け負う企業は、日本でビジネスをするに際し必須のマナーを集積し、的確に伝えてくれるため、社内よりも効率的に必要十分なマナーを身につけることができます。加えて専任の講師がいるのもメリットです。

その国ごとのビジネスマナーは、バックグラウンドに文化の違いが存在します。したがって歴史や文化についても少し触れつつ伝えて行くことが、正しい理解には大切でしょう。お辞儀は、日本では相手への敬意を表しますが、海外とりわけアジア圏以外には服従や謝罪と受け取られかねません。こうした所作は歴史や文化が大きく関わっており、経緯を説明することで共通理解を育むことができます。外国人が日本で働く際に、本業と別に存在するビジネスマナーで居心地悪さを感じるならば、企業の貴重な人材を失いかねません。研修などを通してマナーの違和感を取り除き、より良いビジネス環境を構築することが業績に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *