最近では外国人も日本の企業で就職する方が増えてきました。

コンビニやファーストフード店だけではなく、一般企業のなかでも外国人が活躍する場面が増えています。しかし、日本で働くためには、日本で当たり前となっているビジネスマナーを研修する必要があります。日本で当然と思われている習慣でも、外国人にとっては初めて目の当たりにする場合もあります。文化や習慣の違いによって、意図が伝わっていないという時は遠慮せずにはっきりと伝えるように心がけます。また、ビジネスマナーはどういう時に、なぜ必要なのかを具体的に教えるようにします。研修のときから正確に教えておけば、現場に入った時も他の社員にすぐ馴染めるからです。研修時に注意しておきたいのが、日本で大切にされている価値観を共有することです。

特にサービス業につく場合は、顧客や取引先とのコミュニケーションが大事になります。そこで重要になってくるのが、日本式のビジネスマナーです。挨拶の仕方や声のトーン、表情などを細かく教え、理解してもらうように伝えていきます。外国の場合、顧客に対してあまり丁寧に応対するシーンは少ないので、身につくまで時間がかかる可能性があります。そのため、研修するときは、具体的な例を出しながらビジネスマナーの必要性を明確な言葉で教えていきます。言葉や習慣が違う外国人に教えるのは根気のいる仕事です。しかし、最初に日本のビジネスマナーを身に付けておけば、何かトラブルがあった際も柔軟に対応できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *