ビジネスマナー研修を取り入れている企業というのは多数ありますが、外国人向けのビジネスマナー研修はどう違うのかと疑問に感じているような方も少なくはありませんが、実は日本人向けのものとあまり大差がなく、基礎的なことからしっかりと学ぶことが出来ます。

日本というのは他国の方から見ると独特の文化をしています。お辞儀などは他国ではあまり見かけませんし、反対に日本では初対面の人と握手をしたりハグをしたりといった習慣はありませんので、日本でのマナーを学びつつ母国で行っていることを日本では行ってはいけないということを外国人の方は受けることができます。日本で働く外国人の多くは日本人とのビジネスマナーの認識の違いによって悩まされることが多く、母国では当然のマナーとして行っていたことが日本では嫌がられてしまったり、やらなければならないことを行わずに不快感を与えてしまうことに戸惑いを感じている人も少なくはありません。

日本人でも難しいと感じている方が多い言葉遣いや話をしているときの視線など細かなところまで、外国人向けのビジネスマナー研修でも行われますし、さまざまなシチュエーション別のマナーも学ぶことが出来ます。研修では実践を交えて行うことが多いため、相手の間違いを指摘しつつ自身の間違ったマナーの認識を変えていくことが出来るため、しっかりと役に立つ知識を得ることが出来ます。母国を離れて働くことは外国人にとってはそれだけでも大きなプレッシャーですので、ビジネスマナー研修で自信をつけて働ける環境を整えるということが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *