日本で求められる社会慣習やビジネスマナーは外国人にはなかなか理解できないかもしれません。

研修を受ければ、先生が外国人が不思議に思う日本人特有の考え方を分かりやすく説明してくれるでしょう。ディスカッションを交えることも多いです。説明を理解することができれば仕事をする上での違和感あるいはギャップが少なくなるでしょう。グローバル化の中、外国人を雇用したもののビジネスマナーを教えている時間がないといった企業も多いかもしれません。そういう企業では外国人スタッフに外部研修を受けてもらってください。ビジネスマナーだけでなく時間を守る重要性や遅刻した際のデメリットなどの伝授も研修内容です。チームで働く上で大事ないわゆるホウレンソウや特有のコミュニケーションスキル。

新入がやってはいけないことなども先生から教えてもらえるかもしれません。空気を読む、暗黙の了解、本音と建て前に関して研修でていねいに教えてくれる先生もいます。日本の名刺交換やメールにおけるマナー、電話応対もそうです。最近では携帯電話の応対も重視します。取り引き相手の話の聞き方、褒め方、政治や宗教など場合によって話してはいけない話題などを研修先で学ぶ外国人も多いです。相手に良い印象を与える日本語の話し方、またパーソナルスペースについて学んだという人もいます。特有の身だしなみや独特の挨拶、お辞儀の意味が分からなかったけれど理解できたという声もよく聞こえてきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *