仕事をする際に身につけておかなければならないビジネスマナーは、お客さんや取引先の人に気持ちよく買い物や取引をしてもらうだけでなく、上司や同僚との間の人間関係を円滑にしてよりスムーズに業務を行うためにも重要なものになってきます。

多くの会社では新入社員や現在いる社員向けのビジネスマナー研修などそれらを身に付けてもらうような取り組みを行っていますが、日本独自の文化であるため、年々増え続けている外国人の労働者にとってはわかりにくい部分があるのも1つの現実だと言えます。他の日本人達と同じような研修を受けた結果、あまり内容が理解できずにそのままの状態で仕事に取り掛かってしまい、様々なトラブルを起こしてしまったり周囲から浮いてしまったりする外国人も多くいます。

日本のビジネスマナーは日本で生まれ育った人たちにとっては理解しやすい部分も多いですが、全く違った文化や慣習の中で育ってきた外国人にとっては、なぜそれが必要なのかわからないと言う部分も多いので、まずは文化や慣習の違いをしっかりと理解し、なぜそれが必要なのかをわかってもらうことが重要になってきます。そのための研修は日本人に対して行うものとは少し違ってくるので、外国人向けのビジネスマナー研修をしたいと思っている場合には、そのノウハウを持った専門的な会社に外注するのが望ましいでしょう。多くの場合、ビジネスマナーに問題のある外国人は、それを守りくないというわけではなく、自分の国の文化や慣習との違いに戸惑っている場合が多いので、適切な研修を行えば、しっかりと対応してくれるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *