社会人として必要なスキルがあり基礎的なものと役職に応じたい階層的なものがあります。

基礎的なものはビジネスマナーがありますが、これら会社では新入社員研修などで講習を行うことが多くあります。一般的にはビジネスマンとしての服装としてスーツの着方やネクタイ、靴などの容姿に関わることです。次に大事になってくるのは挨拶です。挨拶ができるかどうかだけではなく、状況に応じて挨拶をしっかり行うことができるかということです。ほかにも名刺の渡し方など基本的なビジネスマナーがあり、講習会などで教育を行って実際の仕事を行うことが多いです。ほかにも細かいマナーがあり、例えば車などでの移動時の座席や会議の席などもそうです。このような事例はOJTなどで習得していくことも多いです。

ビジネスマナーは社内の意識改革としても大切です。今の従業員のマナーができていなければ仕事の生産性も上げることは難しいです。これらやる気にもつながることであり、何かが足りていないのです。それらを講習で習得することであり、そのひとつが配慮というものです。相手への配慮ができているのか、思いやりのある行動ができているのかがポイントなのです。仕事は自分だけで完了するものではなく、相手のあることです。次の人のことを考えて仕事を橋渡しするという意識が大切です。これもビジネスマナーとなりますので、新入社員の講習だけではなく今の従業員も習得するといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *