仕事をする上で、先輩や上司の行動をひとまず真似してみることはとても大切です。

やったことがないことやわからないことやビジネスマナーも、自分より社会人経験が多い方のいい所をどんどん盗んでいくことで、自分のものにすることができます。でも実は長く働いている方の中には、独自のルールのようなものが確立されていることが多く、それがビジネスマナーに反してしまっている可能性があります。日本には特に、色々なビジネスマナーが存在します。そのマナーをきっちりと守って仕事をすることで、相手に誠実さをアピールすることができ、それが信頼関係を築く第一歩になってくれます。

先輩から基本を盗むのももちろん大切なことですが、まずは基礎をしっかりと講習で学んでおくことで、盗むべきなのかそうではないのかを判断できるので、最初はビジネスマナーを講習で学ぶことをおすすめします。講習で学ぶことは、マナーの基礎を身に着けるという意味合いがあるだけでなく、どうしてそのマナーが存在するのかの意義を確かめることも出来ます。

自分の行動の意味を知ることで、想定外のシーンが訪れた時にどう行動すればいいのかの応用力も育てることが出来ます。ビジネスにはある程度ルールや型のようなものが存在しますが、すべてのケースがそれに当てはまるわけではありません。講習で基礎を固めておくことで、ビジネスをする力もしっかりと身に着けることが出来るので、最初は講習に通うことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *