社会には学校と違ってマナーというものが必要になります。

確かに挨拶などの日常におけるマナーは小さな子どものころから教わってきたわけですが、社会には社会のビジネスマナーというものがあるのです。言葉では聞いたことがあるでしょうが、実際にこれをマスターしている人は少ないというのが現状でしょう。そのために入社してすぐにこのビジネスマナーを教育する企業も多くなりました。しかし、どうして仕事をする上でこのビジネスマナーというものが必要になるのでしょうか。

この社会では実にたくさんの人たちとともに仕事をすることになります。そこでは年齢を始め、性別、経験、そして価値観などがまったく異なる場合があるのです。そういう人たちと同じ仕事をするわけですから、そこにはマナーが欠かせません。たとえば、大切なクライアントと挨拶を交わすときにはちゃんと目を合わせるとか、正しい敬語を使うとか、名刺交換の仕方も知らなければなりません。

こうしたマナーを知らない若い人たちが多いことから、企業でも社員教育に力を入れているところが増えています。社員教育ではビジネスマナーはもちろんのこと、その他に仕事を進める上で重要になる教育も行われているのが現状です。この社会では企業の社員一人一人の態度が、そのまま会社のイメージになってしまうことも往々にしてありますから、ビジネスマナーの教育はとても重要になってくるわけです。最近では専門の講座なども開かれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *