学生が社会に出て一番最初に困ることはおそらくビジネスマナーではないでしょうか。

学生時代には友人や先輩、あるいは教授などと接していたときには、マナーということに関してはあまり考えなかったし、特別な教育も受けていなかったはずです。しかし、やはり社会に出ればあらゆるビジネスシーンで仕事をやる上では、このビジネスマナーというものがどうしても必要になります。さまざまなビジネスシーンでは、自分が勤める会社の中だけではなく、取引先内などで広い年齢層の方々と接するわけですが、そういった方々から信頼や好感を持たれることは、これからビジネスを円滑に進める上ではとても重要になることです。

そのためにも各企業ではビジネスシーンにおける基本的なビジネスマナーというものを、社員一人一人に教育する必要があります。基本的なビジネスマナーとは、普段からの身だしなみを始め、挨拶の仕方、自己紹介の仕方、名刺交換の仕方、話し方、敬語の使い方、電話の対応、トラブルの対処法、会食のマナーなど数え上げればきりがありません。

このようなマナーを教育するためには、今は講座や通信教育などでもたくさんの方法があります。会社に専門家を招いての研修という方法をとるところも少なくありません。確かに自社でこうしたビジネスマナーを教育することも十分に可能ですが、より質の高いマナーを教えるためには外部研修講座というものを利用することも必要です。そうすれば社員の成長も早いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *